SMB署名の設定に関する推奨事項

SMBクライアントとCIFSサーバの間のSMB署名の動作は、セキュリティ要件に応じて設定することができます。 CIFSサーバでのSMB署名の設定は、セキュリティ要件の内容によって異なります。

SMB署名は、クライアントとCIFSサーバのどちらでも設定できます。 SMB署名を設定する際の推奨事項を次に示します。

状況または条件 推奨事項
クライアントとサーバの間の通信のセキュリティを強化する クライアントに対して [Require Option (Sign always)]セキュリティ設定を有効にして、クライアントでSMB署名を必須にします。
特定のStorage Virtual Machine(SVM)へのすべてのSMBトラフィックに署名する セキュリティ設定でSMB署名を必須にするように設定して、CIFSサーバでSMB署名を必須にします。

Windowsクライアントのセキュリティ設定の詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。