追加のホーム ディレクトリ設定

%w%d、および%u変数を使用して追加のホーム ディレクトリ設定を作成することで、ニーズに合わせてホーム ディレクトリ設定をカスタマイズできます。

共有名と検索パスに変数と静的文字列を組み合わせて使用することで、多数のホーム ディレクトリ設定を作成できます。次の表に、さまざまなホーム ディレクトリ設定を作成する例を示します。

/vol1/userがホーム ディレクトリを含む場合に作成されるパス shareコマンド
ユーザを/vol1/user/win_usernameに転送する共有パス\\vs1\~win_usernameを作成する vserver cifs share create -share-name ~%w -path %w -share-properties oplocks,browsable,changenotify,homedirectory
ユーザを/vol1/user/domain/win_usernameに転送する共有パス\\vs1\win_usernameを作成する vserver cifs share create -share-name %w -path %d/%w -share-properties oplocks,browsable,changenotify,homedirectory
ユーザを/vol1/user/unix_usernameに転送する共有パス\\vs1\win_usernameを作成する vserver cifs share create -share-name %w -path %u -share-properties oplocks,browsable,changenotify,homedirectory
ユーザを/vol1/user/unix_usernameに転送する共有パス\\vs1\unix_usernameを作成する vserver cifs share create -share-name %u -path %u -share-properties oplocks,browsable,changenotify,homedirectory