指定したパスのBranchCacheハッシュの事前計算

単一のファイル、ディレクトリ、またはディレクトリ構造内のすべてのファイルを対象に、ハッシュを事前に計算するようにBranchCacheサービスを設定することができます。これは、BranchCache対応の共有にあるデータのハッシュをピーク以外の時間帯に計算するのに役立ちます。

タスク概要

ハッシュの統計を表示する前にデータ サンプルを収集する場合、statistics startコマンドとオプションのstatistics stopコマンドを使用する必要があります。これらのコマンドの詳細については、パフォーマンス管理パワー ガイドを参照してください。

手順

  1. 必要に応じてハッシュを事前に計算します。
    ハッシュを事前に計算する対象 入力するコマンド
    単一のファイルまたはディレクトリ vserver cifs branchcache hash-create -vserver vserver_name -path path -recurse false
    ディレクトリ構造内のすべてのファイル(再帰的) vserver cifs branchcache hash-create -vserver vserver_name -path absolute_path -recurse true
  2. statisticsコマンドを使用して、ハッシュが計算されていることを確認します。
    1. 目的のSVMインスタンスのhashdオブジェクトの統計を表示します。statistics show -object hashd -instance vserver_name
    2. コマンドを繰り返し実行して、作成済みのハッシュの数が増加していることを確認します。

次の例は、パス/dataおよびSVM vs1に格納されているすべてのファイルとサブディレクトリを対象にハッシュを作成します。

cluster1::> vserver cifs branchcache hash-create -vserver vs1 -path /data -recurse true

cluster1::> statistics show -object hashd -instance vs1
Object: hashd
Instance: vs1
Start-time: 9/6/2012 19:09:54
End-time: 9/6/2012 19:11:15
Cluster: cluster1

    Counter                                                     Value
    -------------------------------- --------------------------------
    branchcache_hash_created                                       85
    branchcache_hash_files_replaced                                 0
    branchcache_hash_rejected                                       0
    branchcache_hash_store_bytes                                    0
    branchcache_hash_store_size                                     0
    instance_name                                                vs1
    node_name                                                  node1
    node_uuid
                                11111111-1111-1111-1111-111111111111
    process_name                                                   -

cluster1::> statistics show -object hashd -instance vs1
Object: hashd
Instance: vs1
Start-time: 9/6/2012 19:09:54
End-time: 9/6/2012 19:11:15
Cluster: cluster1

    Counter                                                     Value
    -------------------------------- --------------------------------
    branchcache_hash_created                                       92
    branchcache_hash_files_replaced                                 0
    branchcache_hash_rejected                                       0
    branchcache_hash_store_bytes                                    0
    branchcache_hash_store_size                                     0
    instance_name                                                vs1
    node_name                                                  node1
    node_uuid
                                11111111-1111-1111-1111-111111111111
    process_name                                                   -