SMB自動ノード リファーラルの有効化と無効化

SMB自動ノード リファーラルを有効にして、SMBクライアント アクセスのパフォーマンスを向上させることができます。ONTAPでSMBクライアントを参照しないようにするには、自動ノード リファーラルを無効にします。

開始する前に

Storage Virtual Machine(SVM)でCIFSサーバが設定されて実行されている必要があります。

タスク概要

SMB自動ノード リファーラル機能は、デフォルトでは無効になっています。必要に応じて、各SVMで有効または無効にすることができます。

このオプションは、advanced権限レベルで使用できます。

手順

  1. 権限レベルをadvancedに設定します。set -privilege advanced
  2. SMB自動ノード リファーラルを必要に応じて有効または無効にします。
    SMB自動ノード リファーラルの設定 入力するコマンド
    有効化 vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-referral-enabled true
    無効化 vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-referral-enabled false
    このオプション設定は、新しいSMBセッションで有効になります。既存の接続を使用しているクライアントは、その既存のキャッシュがタイムアウトになったときにのみノード リファーラルを利用できます。
  3. admin権限レベルに切り替えます。set -privilege admin