ONTAPによるUNIXアクセス権の維持方法

UNIXアクセス権を現在持っているFlexVol内のファイルがWindowsアプリケーションによって編集および保存されても、ONTAPはUNIXアクセス権を維持できます。

Windowsクライアントのアプリケーションは、ファイルを編集して保存するときに、ファイルのセキュリティ プロパティを読み取り、新しい一時ファイルを作成し、セキュリティ プロパティを一時ファイルに適用して、一時ファイルに元のファイル名を付けます。

セキュリティ プロパティのクエリの実行時に、Windowsクライアントは、UNIXアクセス権を正確に表す構築済みACLを受け取ります。この構築済みACLは、Windowsアプリケーションによってファイルが更新されるときにファイルのUNIXアクセス権を維持し、生成されたファイルが同じUNIXアクセス権を持つようにするためだけに使用されます。ONTAPは、構築済みACLを使用してNTFS ACLを設定しません。