ローカル ユーザとローカル グループ機能の有効化と無効化

NTFSセキュリティ形式データのアクセス制御にローカル ユーザとローカル グループを使用する前に、ローカル ユーザとローカル グループ機能を有効にする必要があります。また、SMB認証にローカル ユーザを使用する場合は、ローカル ユーザ認証機能を有効にする必要があります。

ローカル ユーザとローカル グループ機能とローカル ユーザ認証はデフォルトで有効になっています。有効になっていない場合は、ローカル ユーザとローカル グループを設定して使用する前に有効にする必要があります。ローカル ユーザとローカル グループ機能はいつでも無効にできます。

ローカル ユーザとローカル グループ機能の明示的な無効化に加えて、ONTAPでは、クラスタ内のノードがローカル ユーザとローカル グループ機能をサポートしていないリリースのONTAPにリバートされた場合にその機能が無効になります。クラスタ内のすべてのノードでその機能をサポートするバージョンのONTAPが実行されるまで、ローカル ユーザとローカル グループ機能は有効になりません。