ODXの使用事例

SVMでODXを使用する前にユースケースについて確認し、どのような場合にパフォーマンスが向上するかを判断できるようにしておく必要があります。

ODXをサポートするWindowsサーバおよびクライアントでは、リモート サーバ間でデータをコピーする際に、デフォルトでコピー オフロードが使用されます。WindowsサーバおよびクライアントでODXがサポートされていない場合や、ODXコピー オフロードが任意の時点で失敗した場合は、コピーまたは移動処理が従来の読み取りと書き込みの処理を使用して実行されます。

ODXコピーおよび移動の使用は、以下の事例でサポートされます。

さらに、いくつかの特殊なユースケースがあります。