BranchCacheが有効なSMB共有の作成

SMB共有を作成するときに、branchcache共有プロパティを設定して、共有でBranchCacheを有効にすることができます。

タスク概要

手順

  1. BranchCacheが有効なSMB共有を作成します。vserver cifs share create -vserver vserver_name -share-name share_name -path path -share-properties branchcache[,...]
  2. vserver cifs share showコマンドを使用して、SMB共有に対してBranchCache共有プロパティが設定されていることを確認します。

次のコマンドは、SVM vs1上でパス/dataを使用してdataという名前のBranchCacheが有効なSMB共有を作成します。デフォルトでは、オフライン ファイルの設定はmanualに設定されます。

cluster1::> vserver cifs share create -vserver vs1 -share-name data -path /data -share-properties branchcache,oplocks,browsable,changenotify

cluster1::> vserver cifs share show -vserver vs1 -share-name data                                                          
                      Vserver: vs1
                        Share: data
     CIFS Server NetBIOS Name: VS1
                         Path: /data
             Share Properties: branchcache
                               oplocks
                               browsable
                               changenotify
           Symlink Properties: enable
      File Mode Creation Mask: -
 Directory Mode Creation Mask: -
                Share Comment: -
                    Share ACL: Everyone / Full Control
File Attribute Cache Lifetime: -
                  Volume Name: data
                Offline Files: manual
Vscan File-Operations Profile: standard