Windowsクライアントからのアクセスベースの列挙の有効化と無効化

SMB共有でのアクセスベースの列挙(ABE)の有効化と無効化はWindowsクライアントから実行できるため、CIFSサーバに接続することなく設定できます。

手順

ABEをサポートしているWindowsクライアントで次のコマンドを入力します。abecmd [/enable | /disable] [/server CIFS_server_name] {/all | share_name}
abecmdコマンドの詳細については、Windowsクライアントのドキュメントを参照してください。