SMB共有でのアクセスベースの列挙の有効化と無効化

SMB共有でアクセスベースの列挙(ABE)を有効または無効にすると、ユーザがアクセス権のない共有リソースを表示することを許可または禁止できます。

タスク概要

デフォルトではABEは無効になっています。

手順

  1. 次のいずれかを実行します。
    状況 入力するコマンド
    新しい共有でABEを有効にする vserver cifs share create -vserver vserver_name -share-name share_name -path path -share-properties access-based-enumeration

    SMB共有の作成時に、追加のオプション共有設定や追加の共有プロパティを指定できます。詳細については、vserver cifs share createコマンドのマニュアル ページを参照してください。

    既存の共有でABEを有効にする vserver cifs share properties add -vserver vserver_name -share-name share_name -share-properties access-based-enumeration

    既存の共有プロパティは維持されます。ABE共有プロパティは既存の共有プロパティ リストに追加されます。

    既存の共有でABEを無効にする vserver cifs share properties remove -vserver vserver_name -share-name share_name -share-properties access-based-enumeration

    その他の共有プロパティは維持されます。ABE共有プロパティのみが共有プロパティ リストから削除されます。

  2. vserver cifs share showコマンドを使用して、共有設定が正しいことを確認します。

次の例は、SVM vs1上のパス/salessalesという名前のABE SMB共有を作成します。この共有は、共有プロパティとしてaccess-based-enumerationを使用して作成されます。

cluster1::> vserver cifs share create -vserver vs1 -share-name sales -path /sales  -share-properties access-based-enumeration,oplocks,browsable,changenotify

cluster1::> vserver cifs share show -vserver vs1 -share-name sales

                      Vserver: vs1
                        Share: sales
     CIFS Server NetBIOS Name: VS1
                         Path: /sales
             Share Properties: access-based-enumeration
                               oplocks
                               browsable
                               changenotify
           Symlink Properties: enable
      File Mode Creation Mask: -
 Directory Mode Creation Mask: -
                Share Comment: -
                    Share ACL: Everyone / Full Control
File Attribute Cache Lifetime: -
                  Volume Name: -
                Offline Files: manual
Vscan File-Operations Profile: standard

次の例は、access-based-enumeration共有プロパティをdata2という名前のSMB共有に追加します。

cluster1::> vserver cifs share properties add -vserver vs1 -share-name data2 -share-properties access-based-enumeration

cluster1::> vserver cifs share show -vserver vs1 -share-name data2 -fields share-name,share-properties
server  share-name share-properties
------- ---------- -------------------------------------------------------
vs1     data2      oplocks,browsable,changenotify,access-based-enumeration