セキュリティ ポリシーの作成

SVMのファイル セキュリティ ポリシーの作成は、ファイルまたはフォルダに対してACLを設定および適用する3番目のステップです。ポリシーは、さまざまなタスクのコンテナとして機能します。各タスクは、ファイルまたはフォルダに適用できる単一のエントリです。あとで、このセキュリティ ポリシーにタスクを追加できます。

タスク概要

セキュリティ ポリシーに追加するタスクには、NTFSセキュリティ記述子とファイル パスまたはフォルダ パスとの間の関連付けが含まれます。そのため、セキュリティ ポリシーは、NTFSセキュリティ形式またはmixedセキュリティ形式のボリュームを含むSVMにそれぞれ関連付ける必要があります。

手順

  1. セキュリティ ポリシーを作成します。vserver security file-directory policy create -vserver vserver_name -policy-name policy_name
    vserver security file-directory policy create -policy-name policy1 -vserver vs1
  2. セキュリティ ポリシーを確認します。vserver security file-directory policy show
    vserver security file-directory policy show
                   Vserver          Policy Name
                 ------------     --------------
                     vs1              policy1