Windowsクライアントの過剰なリソース消費を制限するコマンド オプション

vserver cifs options modifyコマンドのオプションを使用して、Windowsクライアントのリソース消費を制御することができます。ファイル オープン、セッション オープン、変更通知要求が異常に多い場合など、正常な範囲を超えてリソースを消費しているクライアントがある場合に便利です。

Windowsクライアントのリソース消費を制御するために、vserver cifs options modifyコマンドに次のオプションが追加されました。いずれかのオプションの最大値を超えると、要求は拒否され、EMSメッセージが送信されます。これらのオプションで設定された上限の80%に達したときにもEMS警告メッセージが送信されます。

デフォルトの制限および現在の設定を表示する方法については、マニュアル ページを参照してください。

ONTAP 9.4以降では、SMBバージョン2以降を実行しているサーバで、クライアントからサーバにSMB接続で送信できる未処理要求(SMBクレジット)の数を制限することができます。SMBクレジットの管理はクライアント側で開始され、サーバ側で制御されます。

SMB接続で付与できる未処理要求の最大数は、-max-creditsオプションで制御されます。このオプションのデフォルト値は128です。