ネーム マッピングの設定

ONTAPでは、ネーム マッピングを使用して、CIFS IDをUNIX IDに、Kerberos IDをUNIX IDに、UNIX IDをCIFS IDにマッピングします。この情報は、NFSクライアントからの接続かCIFSクライアントからの接続かに関係なく、ユーザ クレデンシャルを取得して適切なファイル アクセスを提供するために必要になります。

ネーム マッピングを使用する必要がない例外が2つあります。

ネーム マッピングはユーザに対してのみ使用でき、グループに対しては使用できません。

ただし、個々のユーザのグループを特定のユーザにマッピングすることはできます。たとえば、SALESという単語が先頭または末尾に付くすべてのADユーザを、特定のUNIXユーザおよびそのユーザのUIDにマッピングできます。