ONTAPでサポートされるNFSv4.0の機能

ONTAPは、セキュリティ メカニズムSPKM3とLIPKEYを除くNFSv4.0の必須機能をすべてサポートしています。

次のNFSv4の機能がサポートされます。

COMPOUND
クライアントは1回のRemote Procedure Call(RPC;リモート プロシージャ コール)要求で複数のファイル操作を要求できます。
ファイル委譲
サーバは一部の種類のクライアントにファイル制御を委任して読み取り / 書き込みアクセスを許可できます。
Pseudo-fs
NFSv4サーバでストレージ システムのマウント ポイントの決定に使用します。NFSv4にはマウント プロトコルはありません。
ロック
リースベースです。NFSv4には独立したNetwork Lock Manager(NLM;ネットワーク ロック マネージャ)またはNetwork Status Monitor(NSM;ネットワーク ステータス モニタ)プロトコルはありません。

NFSv4.0プロトコルの詳細については、RFC 3530を参照してください。