ONTAPによる読み取り専用ビットの処理方法

読み取り専用ビットは、ファイルが書き込み可能(無効)なのか読み取り専用(有効)なのかを示すためにファイルごとに設定されます。

Windowsを使用するSMBクライアントは、ファイルごとの読み取り専用ビットを設定できます。NFSクライアントは、ファイルごとの読み取り専用ビットを設定しません。NFSクライアントは、ファイルごとの読み取り専用ビットを使用するプロトコル操作を行わないためです。

ONTAPは、Windowsを使用するSMBクライアントによってファイルが作成される際に、そのファイルに読み取り専用ビットを設定できます。ファイルがNFSクライアントとSMBクライアント間で共有されている場合も、読み取り専用ビットを設定できます。一部のソフトウェアは、NFSクライアントおよびSMBクライアントで使用される場合、読み取り専用ビットが有効になっている必要があります。

NFSクライアントとSMBクライアント間で共有されるファイルに対して、適切な読み取りおよび書き込み権限を保持するために、読み取り専用ビットが次の規則に従って処理されます。

注: ファイル権限の変更は、SMBクライアントではすぐに反映されますが、NFSクライアントが属性のキャッシュを有効にしている場合はNFSクライアントではすぐに反映されないことがあります。