NFSでのFPolicyのfirst-readおよびfirst-writeフィルタの動作

外部FPolicyサーバを使用してFPolicyが有効になっており、読み取り / 書き込み処理が監視対象イベントの場合、読み取り / 書き込み要求のトラフィックが多いとNFSクライアント側で応答時間が長くなります。NFSクライアントの場合、FPolicyでfirst-readフィルタとfirst-writeフィルタを使用すると、FPolicy通知の数が減り、パフォーマンスが向上します。

NFSでは、クライアントはファイルに対してI/Oを実行する際にそのファイルのハンドルを取得します。このハンドルは、サーバとクライアントのリブート後も有効のまますることができます。このため、クライアントはハンドルを自由にキャッシュして、再度取得することなくハンドルに対する要求を送信できます。通常のセッションでは、大量の読み取り / 書き込み要求がファイルサーバに送信されます。このすべての要求について通知が生成されると、次の問題が発生する可能性があります。

クライアントから特定のファイルに対する読み取り / 書き込み要求を初めて受信すると、キャッシュ エントリが作成され、読み取り / 書き込みのカウンタが増分されます。この要求は初回読み取り / 書き込み処理とマーキングされ、FPolicyイベントが生成されます。NFSクライアント用のFPolicyフィルタを計画して作成する前に、FPolicyフィルタの基本的な仕組みを理解しておく必要があります。

次のオプションがNFSサーバのデータベースに追加されます。


file-session-io-grouping-count: Number of I/O Ops on a File to Be Clubbed and Considered as One Session 
for Event Generation
file-session-io-grouping-duration: Duration for Which I/O Ops on a File to Be Clubbed and Considered as 
One Session for Event Generation