qtreeファイル操作のqtree IDの検証

ONTAPでは、オプションでqtree IDの検証を追加で実行できます。この検証により、クライアントのファイル操作の要求で有効なqtree IDが使用されるとともに、クライアントによるファイルの移動が同じqtree内でのみ行えるようになります。この検証を有効または無効にするには、-validate-qtree-exportパラメータを変更します。このパラメータはデフォルトで有効になっています。

タスク概要

このパラメータは、Storage Virtual Machine(SVM)上の1つ以上のqtreeにエクスポート ポリシーを直接割り当てている場合にのみ有効です。

手順

  1. 権限レベルをadvancedに設定します。set -privilege advanced
  2. 次のいずれかを実行します。
    qtree ID検証の設定 入力するコマンド
    有効にする vserver nfs modify -vserver vserver_name -validate-qtree-export enabled
    無効にする vserver nfs modify -vserver vserver_name -validate-qtree-export disabled
  3. admin権限レベルに戻ります。set -privilege admin