ONTAPでのエクスポート ポリシー キャッシュの使用方法

システム パフォーマンスを向上するために、ONTAPはローカル キャッシュを使用してホスト名やネットグループなどの情報を格納します。これにより、ONTAPは外部ソースから情報を取得するよりも短時間でエクスポート ポリシー ルールを処理できます。キャッシュとは何か、またキャッシュによって何が行われるのかを理解すると、クライアント アクセスに関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

NFSエクスポートへのクライアント アクセスを制御するには、エクスポート ポリシーを設定します。それぞれのエクスポート ポリシーにはルールが含まれ、各ルールにはアクセスを要求しているクライアントに対するマッチングを行うパラメータが含まれています。こうしたパラメータの一部では、ドメイン名、ホスト名、ネットグループなどのオブジェクトを解決するためにONTAPがDNSサーバやNISサーバのような外部ソースと通信する必要があります。

外部ソースとのこうした通信には少し時間がかかります。パフォーマンス向上のために、ONTAPは、各ノード上の複数のキャッシュに情報をローカルに格納して、エクスポート ポリシー ルール オブジェクトの解決にかかる時間を短縮します。

キャッシュ名 格納される情報の種類
Access 対応するエクスポート ポリシーへのクライアントのマッピング
Name 対応するUNIXユーザIDへのUNIXユーザ名のマッピング
ID 対応するUNIXユーザIDおよび拡張されたUNIXグループIDへのUNIXユーザIDのマッピング
Host 対応するIPアドレスへのホスト名のマッピング
Netgroup メンバーの対応するIPアドレスへのネットグループのマッピング
showmount SVMネームスペースからエクスポートされたディレクトリのリスト

ONTAPが外部ネーム サーバ上の情報を取得してローカルに格納したあとに、環境内の外部ネーム サーバ上の情報を変更すると、キャッシュ内の情報が古くなる可能性があります。ONTAPは定期的に自動でキャッシュを更新しますが、有効期限や更新の時期およびアルゴリズムはキャッシュごとに異なります。

キャッシュの情報が古くなるもう1つの理由として、ONTAPがキャッシュされた情報の更新を試みる際にネーム サーバとの通信でエラーが発生する場合があります。この場合、ONTAPは、クライアント操作の中断を避けるために現在ローカル キャッシュに格納されている情報を引き続き使用します。

その結果、成功することが想定されるクライアント アクセス要求がエラーとなったり、エラーとなることが想定されるクライアント アクセス要求が成功したりする可能性があります。クライアント アクセスに関するそのような問題のトラブルシューティング時には、エクスポート ポリシー キャッシュの一部を表示したり、手動でフラッシュしたりできます。