SANホストのセットアップ

1台以上のホスト コンピュータをクラスタに接続する必要があります。必要に応じて、すべてのホスト設定手順をあらかじめ実行しておくこともできます。

手順

  1. Interoperability Matrix(IMT)を使用して、構成全体がサポートされていることを確認します。

    NetApp Interoperability Matrix Tool

    構成に必要なHost Utilitiesのバージョンを書き留めます。

  2. Host Utilitiesをインストールします。
  3. ホストでサポートされているHBAを使用します。
    ホストで使用できる最も高速なHBAを使用すると、ホストからストレージまでのパフォーマンスが最も高くなります。
  4. サポートされているマルチパス(MPIO)ソリューションを有効にし、設定します。
  5. ホストのFCイニシエータ ポートをFCスイッチにケーブル接続します。
  6. 各ホストに関連付けられているFCイニシエータのWWPN値を保存します。