7-Mode管理者用のclustered Data ONTAPコマンド、オプション、構成ファイルの対応マップ

Data ONTAP 7-Modeからclustered Data ONTAPに移行する際には、clustered Data ONTAPと7-Modeのコマンド、オプション、構成ファイルの対応関係が記載されたコマンド マップを参照すると便利です。

本ガイドに記載するマッピング情報

コマンド マップ(7-Mode管理)には、次のような7-Modeコマンド、オプション、構成ファイルとclustered Data ONTAPコマンドのマッピングが含まれます。

7-Modeと互換性のあるショートカット コマンドについて

Data ONTAPのコマンドライン インターフェイス(CLI)はクラスタ処理用に大幅に再編されていますが、多くのコマンドには7-Modeと互換性のあるショートカット版が存在し、スクリプトやその他の自動化タスクを変更する必要はありません。これらのショートカットは、表の各欄の先頭に太字で記載されています。次に7-Modeと互換性のないショートカット、続いて完全な形式のコマンドが記載されています。

7-Modeコマンド clustered Data ONTAPコマンド
aggr add aggr add

aggr add-disks

storage aggregate add-disks

太字のショートカットが記載されていない場合は、7-Modeと互換性のあるバージョンはありません。各コマンドについて、すべての形式が表に記載されているわけではありません。CLIは極めて柔軟性が高いため、複数の省略形を使用できます。

clustered Data ONTAPのCLIコマンド用シェルの概要

1つのクラスタに、3つの異なるCLIコマンド用シェルがあります。

ノードシェルへの切り替え

7-Modeと互換性のあるショートカットがあるノードシェル コマンドは、ノードシェルから実行することを前提にしています。ノードシェルに切り替えるには、次のように入力します。

system node run -node {nodename|local}

7-Modeと互換性のあるショートカット以外のnodeshellコマンドは、クラスタシェルから実行する必要があります。

追加情報の入手方法

状況 詳細情報
クラスタシェル コマンドの使用 ONTAP 9のコマンド
ノードシェル コマンドの使用 Data ONTAP 8. 2 Commands: Manual Page Reference for 7-Mode, Volume 1
CLIコマンドの実行、CLIコマンドのディレクトリの移動、CLIコマンドの値の設定、クエリ、パターン、ワイルドカードの使用 システム管理