手動による移行のロールバック

移行をロールバックする場合は、クラスタおよび7-Modeシステムでいくつかの手順を手動で実行する必要があります。手動のロールバック手順の一覧は7-Mode Transition Toolで生成されます。

タスク概要

ロールバック手順は、ロールバックを決断したフェーズによって異なります。インポート処理が成功したあとにロールバックを決断した場合は、このタスクのすべての手順を実行する必要があります。それより前のフェーズでロールバックを決断した場合は、これらの手順の一部を実行します。

手順

  1. クラスタにログインします。
  2. 移行したボリュームのいずれかがSnapMirror関係にある場合は、次のどちらかの処理を実行します。
    • 移行したボリュームがSnapMirror関係のデスティネーションである場合は、SnapMirror関係を削除します。snapmirror delete -destination-path destination-path -source-path source-path
    • 移行したボリュームがSnapMirror関係のソースである場合は、SnapMirror関係を解放します。snapmirror release -destination-path destination-path -source-path source-path
  3. クラスタから、移行したボリュームで次の処理が実行されていないことを確認します。
    1. ボリューム移動処理volume move show
    2. LUN移動処理lun move show
    3. LUNコピー処理lun copy show
  4. すべての7-Modeアグリゲートのロールバックを実行します。
    1. diagnostic権限レベルにログインします。set -privilege diagnostic
    2. storage transition revert startコマンドを使用して、アグリゲートを7-Modeの状態にリバートします。
      このコマンドにはパラメータ(移行プロジェクトID、アグリゲートの属性など)を追加する必要があります。7-Mode Transition Toolで生成された手順に従って、パラメータとその値を指定した完全なコマンドを使用してください。
    3. 移行したすべてのアグリゲートのロールバックが成功したことを確認します。storage transition revert show-status
      ロールバックが成功すると、アグリゲートのstatus-codeフィールドにrevert_completeと表示されます。
  5. ディスク所有権をターゲット クラスタ ノードから7-Modeコントローラに再割り当てします。
    1. ディスク所有権を7-Modeコントローラに割り当てます。disk assign –disk disk_id –s system_id -force true
    2. ディスク所有権が7-Modeコントローラに割り当てられたことを確認します。storage disk show -fields owner-id
  6. 7-ModeのLIFをSVMから削除します。network interface delete -vserver svm_name -lif lif_name
  7. ターゲット クラスタ ノードに対するコピーフリーの移行の制限事項をdiagnostic権限レベルで削除します。storage transition pre-commit end -session-id transition_project_id
    この手順は、ロールバック処理が完了して、7-Modeコントローラが稼働状態になったあとでも実行できます。
  8. 次に示すdiagnostic権限レベルのコマンドを使用して、ターゲット クラスタ ノードに関する移行プロジェクト情報を削除します。storage transition purge-info -session-id transition_project_id
    この手順は、ロールバック処理が完了して、7-Modeコントローラが稼働状態になったあとでも実行できます。
  9. オプション: エクスポートおよび停止処理の際にディスク所有権の自動割り当てを無効にした場合は、有効にします。storage disk assign -auto true
  10. ツールによってターゲットSVMに移行された構成をすべて手動で削除します。
    ツールで移行された構成の情報については、SVMのプロビジョニング処理とインポート処理の結果で確認できます。
  11. ディスク シェルフをターゲット クラスタ ノードから切断し、7-Modeコントローラに再接続します。
    ヒント: ケーブル接続を検証するには、Config Advisorツールを使用する必要があります。
  12. オプション: ターゲット クラスタ ノードのディスク シェルフIDとの競合を解決するために7-Modeのディスク シェルフIDが変更された場合は、古いIDに手動で変更し、ディスク シェルフの電源を再投入して新しいIDを有効にします。
  13. ソースの7-Modeコントローラを通常モードでブートします。
  14. いずれかのソース7-Modeコントローラから、テイクオーバー機能を有効にします。cf enable
  15. エクスポートおよび停止処理の際にアグリゲートSnapshotコピーの自動削除を無効にした場合は、有効にします。options snap autodelete aggr_name on