SnapMirror関係のプライマリ システムとセカンダリ システムの並行移行

7-Mode SnapMirror関係のボリュームを含むプライマリHAペアとセカンダリHAペアを並行して移行することができます。移行後、clustered Data ONTAPでVolume SnapMirror関係を手動で設定する必要があります。SnapMirror関係は移行後も維持されます。ベースラインの再設定は必要ありません。

開始する前に

ソース クラスタとデスティネーション クラスタでSnapMirror関係を移行する準備をしておく必要があります。

クラスタでのVolume SnapMirror関係の移行準備

タスク概要

セカンダリとプライマリ両方のHAペアを、同じカットオーバー期間内に移行する必要があります。

手順

  1. 7-Mode Transition Toolから、7-ModeのVolume SnapMirror関係のプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームを含む2つのHAペアに対して、コピーフリーの移行を実行します。
    セカンダリ ボリュームを含む7-Mode HAペアを移行する前に、7-ModeのSnapMirror関係に対する手動の操作は必要ありません。これにより、7-Modeのセカンダリ ボリュームは、読み取り専用ボリュームとしてONTAPに移行されます。

    コピーフリーの移行を使用した7-Modeアグリゲートの移行

  2. 移行したプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームを含むSVM間にクラスタ間SVMピア関係を作成します。
  3. 移行したプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリューム間にVolume SnapMirror関係を作成します。
  4. デスティネーション ボリュームで、SnapMirror関係のソース ボリュームとデスティネーション ボリュームを再同期します。snapmirror resync
    重要: ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間には、共通のSnapshotコピーが少なくとも1つ必要です。
    トラブルシューティング: 共通のSnapshotコピーがData ONTAP 8.1より前のリリースで作成されたものである場合、SnapMirrorの再同期は失敗します。advanced権限レベルで-fs-versionパラメータを指定してvolume snapshot showコマンドを実行すると、Snapshotコピーが作成されたリリースを確認できます。この問題が発生した場合は、SnapMirror関係を解除してから再同期を実行します。
  5. SnapMirrorデータ転送のステータスを監視します。snapmirror show
    重要: 再同期が完了するまでは、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームでボリューム移動やSnapMirror解除などの処理を実行しないでください。再同期は中断することなく最後まで問題なく完了する必要があります。そうしないと、ボリュームが不整合状態になる可能性があります。
  6. セカンダリ プロジェクトの移行をコミットしてから、プライマリ プロジェクトの移行をコミットします。