SnapMirror転送およびスケジュールの管理

データ コピー フェーズでは、データ コピー スケジュールに基づいてclustered Data ONTAPボリュームが7-Modeボリュームからのデータで定期的に更新されます。SnapMirrorのベースライン コピー処理、更新処理、および再同期処理に使用されるデータ コピー スケジュールの作成、編集、削除を行うことができます。

複数のデータ コピー スケジュールを指定して、移行対象として選択したすべてのボリュームのコピー処理を管理することができます。このスケジュールは、開始時刻、実行時間、更新頻度、スケジュール内で実行するSnapMirrorの同時転送数、スロットル制限などの詳細情報で構成されます。

さまざまな時間区分(平日、週末、営業時間内、営業時間外、DRスケジュール、非DRスケジュールなど)に対して、同時転送数とスロットル制限を複数指定することができます。