7-Modeボリュームを移行する場合の制限事項

7-Modeボリュームを移行する場合の制限事項を把握する必要があります。一部の制限事項は、ONTAPでサポートされない機能によるものです。一部の制限事項については、対処策を実施することで移行を続行できます。

ボリューム タイプ

次のタイプのボリュームは、移行対象としてサポートされていません。

ボリュームの状態

移行対象として選択されている7-Modeボリュームが以下のいずれかの状態の場合、移行はブロックされます。

異なるvFilerユニットに属するqtreeを含むボリューム

ボリュームにqtreeが含まれていて、qtreeがボリュームとは異なるvFilerユニットに属している場合、そのボリュームを移行することはできません。移行の前に次のいずれかを実行して、各ボリュームとそのすべてのqtreeが同じvFilerユニットに属するようにする必要があります。
  • ボリュームが属するvFilerユニットにqtreeを移動します。
  • qtreeを削除します。

inodeから親へのパス名変換の設定

inodeから親へのパス名変換が各ボリュームで有効になっている必要があります。no_i2pオプションをオフにすると、親のパス名変換を有効にすることができます。

vol options vol_name no_i2p off

i2pスキャンの終了を待たずに、移行準備を続行できます。