SnapMirror関係にあるボリュームの移行方法

SnapMirror関係にある7-Modeボリュームを移行する場合は、最初にセカンダリ ボリュームを移行する必要があります。その後、7-Modeプライマリ ボリュームとONTAPセカンダリ ボリュームの間にVolume SnapMirror関係が確立されます。

プライマリ ボリュームが移行されたあとに、ONTAPのプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間にVolume SnapMirror関係が確立されます。

注: 7-Mode Transition Toolでは、SnapMirror関係にあるSnapLock Complianceボリュームは自動的に移行されません。SnapMirror関係にあるSnapLock Complianceボリュームは、すべてスタンドアロン ボリュームとして移行する必要があります。プライマリとセカンダリのSnapLock ComplianceボリュームがONTAPに移行されたあとに、これらのボリューム間でSnapMirror再同期処理を手動で実行する必要があります。

事前確認、ベースライン コピー、差分転送、および構成の適用(カットオーバー前)処理は、セカンダリ プロジェクトとプライマリ プロジェクトで同時に実行できますが、ストレージ カットオーバーは先にセカンダリ プロジェクトで実行する必要があります。

準備フェーズ

このフェーズでは、7-Modeのシステム、クラスタ、ボリューム、およびIPアドレスが選択されます。7-Mode Transition Toolがこのフェーズで実行するタスクは次のとおりです。

  1. 7-Modeストレージ システムおよびボリュームの情報を追加します。
  2. 7-Modeソース ボリュームとSnapMirror関係に関する情報を収集します。
    • セカンダリ ボリュームを移行するために、7-Modeプライマリ システムに関する情報を収集
    • プライマリ ボリュームを移行するために、7-Modeセカンダリ システムに関する情報を収集
  3. 移行の事前確認を実行します。
  4. クラスタ、SVM、およびアグリゲートの情報を追加します。
  5. SVMに設定する必要があるIPアドレスを収集します。
    • 7-Modeシステムに存在するIPアドレスを選択
    • SVMで設定する必要がある新しいIPアドレスを指定
    注: iSCSI LIFとFC LIF(SAN)の移行はこのツールではサポートされません。移行の前に、SVMにSAN LIFを手動で設定する必要があります。
  6. ベースライン転送と差分転送のデータ コピー スケジュールを作成します。
  7. プロジェクトにSnapLockボリュームが含まれている場合は、CoC検証を必要とする読み書き可能なSnapLockボリュームに関する情報、およびCoC検証処理で生成されるフィンガープリント データを格納するONTAPボリュームの詳細情報を収集します。
    注: SnapLockのCoC検証は読み書き可能な7-Mode SnapLockボリュームでのみサポートされます。読み取り専用ボリュームではサポートされません。また、名前に非ASCII文字を含むファイルが格納されているSnapLockボリュームでもサポートされません。
  8. ターゲットSVMおよびターゲット ボリュームに移行する必要がある7-Mode構成を選択して、構成の移行を計画します。

事前確認で報告されたエラーと警告を修正したあとに、コントローラ上のオブジェクト(ボリューム、IPアドレス、システム情報など)を変更しないでください。

データ コピー フェーズ

このフェーズでは、7-ModeボリュームのデータがONTAPボリュームにコピーされます。7-Mode Transition Toolがこのフェーズで実行するタスクは次のとおりです。

  1. 読み取り専用アクセスが可能なONTAPボリュームを作成します。
  2. 7-ModeシステムとSVMの間に移行ピア関係を設定します。
  3. 7-ModeボリュームとONTAPボリュームの間にSnapMirror関係を確立します。
  4. スケジュール設定に基づいてベースライン データ コピー転送を実行します。
  5. スケジュールされたSnapMirrorデータ コピー更新をONTAPボリュームに対して実行します。

構成の適用(カットオーバー前)フェーズ

計画したカットオーバー期間の数日~数週間前に構成の適用を実行することを推奨します。この処理により、すべての構成が適切に適用されるかどうか、何らかの変更が必要かどうかを確実に検証できます。

このフェーズでは、7-Modeボリュームの構成がONTAPボリュームにコピーされます。

構成の適用(カットオーバー前)フェーズには、カットオーバー前読み取り専用モードとカットオーバー前読み取り / 書き込みモードの2つのモードがあります。

プロジェクトに次の要素が含まれている場合、カットオーバー前読み取り / 書き込みモードはサポートされません。
  • SANボリューム(ターゲット クラスタがData ONTAP 8.3.1以前を実行している場合)

    この場合、次の構成は構成の適用(カットオーバー前)フェーズでは適用されず、カットオーバー フェーズで適用されます。

    • SAN構成
    • Snapshotスケジュールの設定
  • SnapLock Complianceボリューム

    プロジェクトにSnapLock Complianceボリュームが含まれている場合は、Snapshotスケジュールの設定は構成の適用(カットオーバー前)フェーズで適用されず、 カットオーバー フェーズで適用されます。

    SnapLock Complianceボリュームの移行に関する考慮事項

ターゲット クラスタがData ONTAP 8.3.1以前を実行している場合に、NASボリュームに対して読み取り / 書き込みモードで構成の適用(カットオーバー前)処理を実行するには、NASボリュームとSANボリュームで別々のプロジェクトを作成する必要があります。これは、構成の適用(カットオーバー前)読み取り / 書き込みモードはプロジェクトにSANボリュームがあるとサポートされないためです。

プロジェクトにSnapLock Complianceボリュームが含まれている場合に、非SnapLock Complianceボリュームに対して読み取り / 書き込みモードで構成の適用(カットオーバー前)処理を実行するには、SnapLock Complianceボリュームと非SnapLock Complianceボリュームで別々のプロジェクトを作成する必要があります。これは、構成の適用(カットオーバー前)読み取り / 書き込みモードはプロジェクトにSnapLock Complianceボリュームがあるとサポートされないためです。

カットオーバー前読み取り専用モードでは、ツールによって次の手順が実行されます。

  1. 7-ModeボリュームからONTAPボリュームに差分更新を実行します。
  2. 7-ModeボリュームとONTAPボリューム間のSnapMirror関係を解除します。
    注: SnapLock Complianceボリュームの場合、7-ModeボリュームとONTAPボリュームの間のSnapMirror関係は解除されません。これは、7-ModeボリュームとONTAPボリューム間のSnapMirror再同期処理がSnapLock Complianceボリュームではサポートされないためです。
  3. 7-Modeボリュームの構成を収集し、ONTAPボリュームとSVMに適用します。
  4. SVMにデータLIFを設定します。
    • 既存の7-Mode IPアドレスは管理状態がdownでSVMに作成されます。
    • 新しいIPアドレスは管理状態がupでSVMに作成されます。
  5. 7-ModeボリュームとONTAPボリューム間のSnapMirror関係を再同期します。

カットオーバー前読み取り / 書き込みモードでは、次の手順が実行されます。

  1. 7-ModeボリュームからONTAPボリュームに差分更新を実行します。
  2. 7-ModeボリュームとONTAPボリューム間のSnapMirror関係を解除します。
  3. 7-Modeボリュームの構成を収集し、ONTAPボリュームとSVMに適用します。
  4. SVMにデータLIFを設定します。
    • 既存の7-Mode IPアドレスは管理状態がdownでSVMに作成されます。
    • 新しいIPアドレスは管理状態がupでSVMに作成されます。
  5. 構成の適用(カットオーバー前)のテスト時に、ONTAPボリュームでデータの読み取り / 書き込みアクセスをテストします

    これらのONTAPボリュームは、構成の適用後に読み取り / 書き込み可能になります。 構成の適用後に、ONTAPボリュームに対する読み取りと書き込みが可能になるため、構成の適用(カットオーバー前)のテスト時にはこれらのボリュームでデータの読み取り / 書き込みアクセスをテストできます。

  6. 手動:ONTAPで構成とデータ アクセスを検証します。
  7. 手動:テストを終了します。

    ONTAPボリュームが再同期されます。

ストレージ カットオーバー(セカンダリ ボリューム)フェーズ

次の図は、セカンダリ ボリュームの移行を表しています。

フェーズ 手順
ストレージ カットオーバー(セカンダリ ボリューム)
  1. セカンダリ ボリュームを移行する
  2. セカンダリ ボリューム間のSnapMirror関係を解除して削除する
  3. 7-Modeプライマリ ボリュームとONTAPセカンダリ ボリューム間にDR関係を確立する

7-Mode Transition Toolがこのフェーズで実行するタスクは次のとおりです。

  1. オプション:ONTAPセカンダリ ボリュームに対してSnapMirror更新をオンデマンドで実行します。
  2. 手動:必要に応じてクライアント アクセスを切断します。
  3. 7-Modeセカンダリ ボリュームからONTAPセカンダリ ボリュームへの最終SnapMirror更新を実行します。
  4. 7-Modeセカンダリ ボリュームとONTAPセカンダリ ボリューム間のSnapMirror関係を解除および削除して、デスティネーション ボリュームを読み取り / 書き込み可能にします。
  5. Snapshotスケジュールの設定を適用します(ターゲット クラスタがData ONTAP 8.3.0または8.3.1を実行しており、SANボリュームがプロジェクトに含まれている場合)。
  6. SAN構成を適用します(ターゲット クラスタがData ONTAP 8.3.1以前を実行している場合)。
    注: この処理で、必要なigroupがすべて作成されます。セカンダリ ボリュームでは、カットオーバー処理の実行中にLUNがigroupにマッピングされません。プライマリ ボリュームのストレージ カットオーバー処理が完了したあとに、セカンダリLUNを手動でマッピングする必要があります。ただし、セカンダリ プロジェクトに含まれるスタンドアロン ボリュームの場合は、この処理の実行中にLUNがigroupにマッピングされます。
  7. クォータ構成があれば適用します。
  8. 7-Modeプライマリ システム上のボリュームとONTAPセカンダリ ボリュームの間にSnapMirror関係を確立します。

    7-Modeプライマリ ボリュームと7-Modeセカンダリ ボリュームの間のSnapMirror関係を更新するためのSnapMirrorスケジュールが、7-Modeプライマリ ボリュームとONTAPセカンダリ ボリュームの間のSnapMirror関係に適用されます。

  9. 7-Modeシステムから移行対象として選択した既存の7-Mode IPアドレスを削除し、SVM上のデータLIFの管理状態をupにします。
    注: SAN LIFは7-Mode Transition Toolでは移行されません。
  10. オプション:7-Modeボリュームをオフラインにします。

ストレージ カットオーバー(プライマリ ボリューム)フェーズ

次の図は、プライマリ ボリュームの移行を表しています。

フェーズ 手順
ストレージ カットオーバー(プライマリ ボリューム)
  1. プライマリ ボリュームを移行する
  2. 7-Modeシステムからクライアントを切断する(ストレージ カットオーバー)
  3. 7-Modeプライマリ ボリュームとONTAPセカンダリ ボリューム間のDR関係を解除して削除する
  4. プライマリ ボリューム間のSnapMirror関係を解除して削除する
  5. ONTAPのプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間にSVMピア関係を設定する
  6. ONTAPボリューム間のSnapMirror関係を再同期する
  7. ONTAPボリュームへのクライアント アクセスを有効にする

7-Mode Transition Toolがこのフェーズで実行するタスクは次のとおりです。

  1. オプション:ONTAPセカンダリ ボリュームに対してSnapMirror更新をオンデマンドで実行します。
  2. 手動:7-Modeシステムからクライアント アクセスを切断します。
  3. 7-Modeプライマリ ボリュームからONTAPプライマリ ボリュームへ最後の差分更新を実行します。
  4. 7-Modeプライマリ ボリュームとONTAPプライマリ ボリューム間のSnapMirror関係を解除および削除して、デスティネーション ボリュームを読み取り / 書き込み可能にします。
  5. Snapshotスケジュールの設定を適用します(ターゲット クラスタがData ONTAP 8.3.0または8.3.1を実行しており、SANボリュームがプロジェクトに含まれている場合)。
  6. SAN構成を適用します(ターゲット クラスタがData ONTAP 8.3.1以前を実行している場合)。
  7. クォータ構成があれば適用します。
  8. 7-Modeプライマリ ボリュームとONTAPセカンダリ ボリューム間のSnapMirror関係を解除して削除します。
  9. プライマリ クラスタとセカンダリ クラスタの間に、クラスタ ピア関係とSVMピア関係を設定します。
  10. ONTAPのプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間にSnapMirror関係を設定します。
  11. ONTAPボリューム間のSnapMirror関係を再同期します。
  12. 7-Modeシステムから移行対象として選択した既存の7-Mode IPアドレスを削除し、プライマリSVM上のデータLIFの管理状態をupにします。
    注: SAN LIFは7-Mode Transition Toolでは移行されません。
  13. オプション:7-Modeボリュームをオフラインにします。

SnapLockボリュームに対するCoC検証プロセス

CoC検証処理を実行します。
  1. 7-ModeボリュームのすべてのWORMファイルを列挙します。
  2. 列挙した各WORMファイルについて、7-Modeボリュームと移行したONTAPボリュームの両方でフィンガープリントを計算します。
  3. フィンガープリントが一致するファイルと一致しないファイルの数、および不一致の理由を記載したレポートを作成します。
注:
  • CoC検証処理は、名前にASCII文字のみを含むファイルが格納されている読み書き可能なSnapLockボリュームでのみサポートされます。
  • 7-Mode SnapLockボリュームのファイル数によっては、この処理にはかなりの時間がかかることがあります。

移行後の手順

カットオーバー フェーズが正常に終了して移行が完了したら、以下の移行後のタスクを実行する必要があります。

  1. 7-Modeシステムで提供されていた機能のうち、ツールで自動的にSVMに移行されなかった機能を移行する手順を手動で実行します。
  2. ターゲット クラスタでData ONTAP 8.3.1以前が実行されている場合は、セカンダリLUNを手動でマッピングする必要があります。
  3. SANを移行する場合は、ホストを手動で再設定します。

    SANホストの移行および修復

  4. 次の点を検証し、SVMがクライアントにデータを提供できる状態であることを確認します。
    • SVM上のボリュームがオンラインであり、読み取り / 書き込み可能である。
    • 移行したIPアドレスがSVM上で有効になっており、到達可能である。
  5. クライアント アクセスをONTAPボリュームにリダイレクトします。