Windowsホストでの移行準備

WindowsホストをData ONTAP 7-Modeからclustered Data ONTAPに移行する前にいくつかの手順を実行する必要があります。

タスク概要

この手順は、コピーベースの移行とコピーフリーの移行に該当します。

注: Windows Server 2003を使用している場合は、Windows Server 2008にアップグレードする必要があります。Host Remediation Tool(HRT)はWindows Server 2003ではサポートされていません。このツールを適切に実行するには、Windows Server 2008以降が必要です。

手順

  1. 移行するLUNのシリアル番号、ID、および対応するWindows物理ディスク番号を特定します。
    • Data ONTAP DSMを実行しているシステムの場合は、Data ONTAP DSM Management Extension Snap-In(Server ManagerまたはWindows PowerShellコマンドレットであるget-sandiskからアクセス可能)を使用します。
    • MSDSMを実行しているシステムの場合は、Inventory Collect Tool(ICT)を使用します。
  2. 移行が完了したら、ホストからLUNを認識できるようにします。
    • 移行しているLUNがFC LUNまたはFCoE LUNの場合は、ファブリック ゾーニングを作成または変更します。
    • 移行しているLUNがiSCSI LUNの場合は、clustered Data ONTAPコントローラに接続するiSCSIセッションを作成します。
  3. ICTを使用してInventory Assessment Workbookを生成します。