移行後のESXiホストの修復準備

7-Mode Transition Tool(7MTT)の移行が完了したら、ESXiホストのさまざまな修復タスクを実行する必要があります。タスクを実行する前に、いくつかの手順を実行する必要があります。

タスク概要

手順

  1. 7-ModeからONTAP LUNへのマッピング ファイルを生成します。
    • CBTの場合は、7MTTがインストールされているLinuxホストから次のコマンドを実行します。transition cbt export lunmap -p project-name -o file_path

      例:transition cbt export lunmap -p SanWorkLoad -o c:/Libraires/Documents/7-to-C-LUN-MAPPING.csv

    • CFTの場合は、7MTTがインストールされているシステムから次のコマンドを実行します。transition cft export lunmap -p project-name -s svm-name -o output-file

      例:transition cft export lunmap -p SanWorkLoad -s svm1 -o c:/Libraires/Documents/7-to-C-LUN-MAPPING-svm1.csv

      注: このコマンドは各Storage Virtual Machine(SVM)に対して実行する必要があります。
  2. igroupとイニシエータのマッピングが存在することを確認します。
    7MTTは、Data ONTAP 7-Modeで使用されていたイニシエータと同じigroupを再作成し、clustered Data ONTAP LUNをホストに再マッピングします。
  3. ゾーニングが新しいclustered Data ONTAPターゲットに適していることを確認します。
  4. コピーフリーの移行(CFT)を実行している場合は、vol rehostを実行します。
    vol rehostの手順については、7-Mode Transition Tool Copy-Free Transition Guideを参照してください。