移行前に削除が必要なVMのSnapshotを特定する方法

仮想RDMが接続されたSnapshot仮想マシン(VM)は、Data ONTAP 7-Modeからclustered Data ONTAPへ移行することができません。このようなSnapshotは、移行前に削除する必要があります。VMFS vDiskと物理RDM(PTRDM)のみを使用するVMのSnapshotは移行可能なため、Snapshotを削除する必要はありません。

Inventory Collect Toolで生成されたInventory Assessment Workbookを使用して、仮想RDMが接続されたVMをすべて特定できます。Inventory Assessment Workbookの[VM Snapshots]列に表示されている、[NPTRDM]列の値が0より大きいSnapshotが、Snapshotに仮想RDMが接続されたVMです。