コピーベースの移行のカットオーバー フェーズ前のHP-UXホスト上のデータLUNのテスト

7-Mode Transition Tool(7MTT)2.2以降およびData ONTAP 8.3.2以降を使用してHP-UXホスト データLUNのコピーベースの移行を実行する場合は、カットオーバー フェーズの前に移行したclustered Data ONTAP LUNをテストして、MPIOデバイスがマウント可能であることを確認できます。ソース ホストでは、テスト中もソースの7-Mode LUNへのI/Oを引き続き実行できます。

開始する前に

新しいONTAP LUNをテスト用ホストにマッピングして、LUNを移行できる状態にしておく必要があります。

タスク概要

テスト用ホストとソース ホスト間のハードウェア パリティを維持し、テスト用ホストで以下の手順を実行する必要があります。

ONTAP LUNは、テスト時には読み取り / 書き込みモードになります。テストが完了してカットオーバー フェーズの準備を行う段階で、読み取り専用モードに切り替わります。

手順

  1. ベースライン データ コピーが完了したら、7MTTユーザ インターフェイス(UI)で[Test Mode]を選択します。
  2. 7MTT UIで、[Apply Configuration]をクリックします。
  3. テスト用ホストで、新しいONTAP LUNを再スキャンします。ioscan -fnC disk
  4. ONTAP LUNが存在することを確認します。sanlun lun show
  5. 以前に外部ソースにコピーした/tmp/mapfile.vg01マップファイルを新しいホストにコピーします。
  6. マップファイルを使用してボリューム グループをインポートします。vgimport -s -m /tmp/mapfile/vg01 vg01
  7. VG Statusが「available」と表示されることを確認します。vgdisplay
  8. 従来のDevice Special Filename(DSF;デバイス スペシャル ファイル名)を永続的なDSFに変換します。vgdsf -c /dev/vg01
  9. mountコマンドを使用して、各論理ボリュームを手動でマウントします。
  10. プロンプトが表示されたら、fsckコマンドを実行します。
  11. マウント ポイントを確認します。bdf
  12. 必要に応じてテストを実行します。
  13. テスト用ホストをシャットダウンします。
  14. 7MTT UIで、[Finish Test]をクリックします。

終了後の操作

ONTAP LUNをソース ホストに再マッピングしなければならない場合は、ソース ホストをカットオーバー フェーズ用に準備する必要があります。ONTAP LUNをテスト用ホストにマッピングしたままにする場合、テスト用ホストでこれ以上の手順を実行する必要はありません。