継続的可用性を備えたSMB共有の作成

データ ボリュームを作成したら、アプリケーション サーバがHyper-V仮想マシンおよび構成ファイルとSQL Serverデータベース ファイルにアクセスするために使用する継続的可用性を備えた共有を作成できます。SMB共有を作成する場合と同様に、共有設定ワークシートを使用する必要があります。

手順

  1. 既存のデータ ボリュームとそのジャンクション パスに関する情報を表示します。volume show -vserver vserver_name -junction
  2. 次のコマンドを入力して、継続的可用性を備えたSMB共有を作成します。vserver cifs share create -vserver vserver_name -share-name share_name -path path -share-properties oplocks,continuously-available -symlink "" [-comment text]
    • 必要に応じて、コメントを共有設定に追加することもできます。
    • デフォルトでは、オフライン ファイル共有プロパティが共有に指定され、manualに設定されます。
    • Windowsのデフォルトの共有権限であるEveryone / Full Controlが設定された共有が作成されます。
  3. 共有設定ワークシートのすべての共有について前の手順を繰り返します。
  4. vserver cifs share showコマンドを使用して、設定が正しいことを確認します。
  5. ドライブを各共有にマッピングし、Windowsの[Properties]ウィンドウを使用してファイル権限を指定することで、継続的可用性を備えた共有のNTFSファイル権限を設定します。

次のコマンドを実行すると、「data2」という名前の継続的可用性を備えた共有がStorage Virtual Machine(SVM、旧Vserver)vs1に作成されます。シンボリックリンクを無効にするには、-symlinkパラメータを""に設定します。

cluster1::> volume show -vserver vs1 -junction 
                      Junction                  Junction
Vserver   Volume      Active   Junction Path    Path Source
--------- ----------- -------- ---------------- ------------
vs1       data        true     /data            RW_volume
vs1       data1       true     /data/data1      RW_volume
vs1       data2       true     /data/data2      RW_volume
vs1       vs1_root    -        /                -

cluster1::> vserver cifs share create -vserver vs1 -share-name data2 -path /data/data2 -share-properties oplocks,continuously-available -symlink ""

cluster1::> vserver cifs share show -vserver vs1 -share-name data2

                      Vserver: vs1
                        Share: data2
     CIFS Server NetBIOS Name: VS1
                         Path: /data/data2
             Share Properties: oplocks
                               continuously-available
           Symlink Properties: -
      File Mode Creation Mask: -
 Directory Mode Creation Mask: -
                Share Comment: -
                    Share ACL: Everyone / Full Control
File Attribute Cache Lifetime: -
                  Volume Name: -
                Offline Files: manual
Vscan File-Operations Profile: standard