透過的なフェイルオーバーを強化するための監視プロトコルの機能

監視プロトコルにより、SMB 3.0の継続的な可用性が確保された共有(CA共有)に対するクライアント フェイルオーバー機能が強化されます。監視を使用すると、LIFのフェイルオーバーのリカバリがバイパスされるため、フェイルオーバーにかかる時間が短縮されます。ノードを使用できなくなると、SMB 3.0接続のタイムアウトを待たずにアプリケーション サーバに通知されます。

フェイルオーバーはシームレスです。実行中のアプリケーションは、フェイルオーバーが発生したことを認識しません。監視プロトコルを使用できなくてもフェイルオーバー処理に影響はありませんが、監視プロトコルを使用しないフェイルオーバーは効率が落ちます。

監視プロトコルを使用する高度なフェイルオーバーは、以下の要件が満たされた場合に実行できます。