SVMでの監査の有効化

監査設定のセットアップが完了したら、Storage Virtual Machine(SVM)で監査を有効にする必要があります。

開始する前に

SVMの監査設定がすでに存在している必要があります。

タスク概要

SVMディザスタ リカバリのID破棄設定が(SnapMirror初期化完了後に)初めて開始され、SVMに監査設定がある場合、監査設定は自動的に無効化されます。読み取り専用SVMでは、ステージング ボリュームがいっぱいにならないように監査が無効になっています。SnapMirror関係が解除されてSVMが読み書き可能になったあとでないと、監査を有効にすることはできません。

手順

SVMで監査を有効にします。vserver audit enable -vserver vserver_name
vserver audit enable -vserver vs1