showコマンドの仕組み

showコマンドの仕組みについて理解しておくと、FPolicyの設定に関する情報を表示する際に役立ちます。

パラメータを追加せずにshowコマンドを実行すると、情報は要約形式で表示されます。さらに、各showコマンドには、2つのオプション パラメータ-instanceおよび-fieldsが用意されています。これらのパラメータは同時には指定できません。

showコマンドで-instanceパラメータを使用すると、コマンド出力には詳細情報がリスト形式で表示されます。場合によっては、詳細出力は長くなり、不要な情報が含まれる可能性があります。-fields fieldname[,fieldname...]パラメータを使用すると、指定したフィールドの情報のみが表示されるように出力をカスタマイズできます。指定できるフィールドを確認するには、?-fieldsパラメータのあとに入力します。

注: showコマンドに-fieldsパラメータを指定した場合の出力には、要求したフィールドに関係する他の関連フィールドや必須フィールドが表示されることがあります。

showコマンドには、その出力をフィルタして、コマンド出力に表示される情報の範囲を限定することができる、1つ以上のオプション パラメータが用意されています。コマンドで使用できるオプション パラメータを確認するには、?showコマンドのあとに入力します。

showコマンドでは、UNIX形式のパターンおよびワイルドカードがサポートされており、コマンド パラメータ引数の複数の値を照合できます。たとえば、値を指定するときに、ワイルドカード演算子(*)、NOT演算子(!)、OR演算子(|)、範囲演算子(整数...整数)、less-than演算子(<)、greater-than演算子(>)、less-than-or-equal-to演算子(<=)、greater-than-or-equal-to演算子(>=)を使用できます。

UNIX形式のパターンおよびワイルドカードの使用の詳細については、システム アドミニストレーション ガイド(SVM管理)ONTAPコマンドライン インターフェイスの使用を参照してください。