セキュリティ トレース レコードの削除

セキュリティ トレース レコードを使用したファイル アクセス セキュリティの検証や、SMBまたはNFSのクライアント アクセスに関する問題のトラブルシューティングが完了したら、セキュリティ トレースのログからセキュリティ トレース レコードを削除できます。

タスク概要

セキュリティ トレース レコードを削除する前に、レコードのシーケンス番号を確認する必要があります。
注:Storage Virtual Machine(SVM)には、最大128件のトレース レコードを保存できます。SVMでこの上限に達した場合、最も古いトレース レコードが自動的に削除されて、新しいレコードが追加されます。したがって、SVMのトレース レコードを手動で削除しなくても、上限に達したときに、ONTAPによって自動的に最も古いトレース結果を削除して新しい結果用のスペースを確保することができます。

手順

  1. 削除するレコードのシーケンス番号を確認します。 vserver security trace trace-result show -vserver vserver_name -instance
  2. セキュリティ トレース レコードを削除します。 vserver security trace trace-result delete -node node_name -vserver vserver_name -seqnum integer
    vserver security trace trace-result delete -vserver vs1 -node node1 -seqnum 999
    • -node node_nameは、削除するパーミッション トレーシング イベントが発生したクラスタ ノードの名前です。

      これは必須パラメータです。

    • -vserver vserver_nameは、削除するパーミッション トレーシング イベントが発生したSVMの名前です。

      これは必須パラメータです。

    • -seqnum integerは、削除するログ イベントのシーケンス番号です。

      これは必須パラメータです。