SVMでの監査の有効化と無効化

Storage Virtual Machine(SVM)での監査を有効または無効にすることができます。必要に応じて、監査を無効にすることで、ファイルおよびディレクトリの監査を一時的に停止できます。監査は、いつでも有効にすることができます(監査の設定が存在する場合)。

開始する前に

SVMで監査を有効にするには、SVMの監査の設定がすでに存在している必要があります。

タスク概要

監査を無効にしても、監査の設定は削除されません。

手順

  1. 適切なコマンドを実行します。
    監査の設定 入力するコマンド
    有効化 vserver audit enable -vserver vserver_name
    無効化 vserver audit disable -vserver vserver_name
  2. 監査が目的の状態になっていることを確認します。 vserver audit show -vserver vserver_name

次の例では、SVM vs1で監査を有効にします。

cluster1::> vserver audit enable -vserver vs1

cluster1::> vserver audit show -vserver vs1

                             Vserver: vs1
                      Auditing state: true
                Log Destination Path: /audit_log
       Categories of Events to Audit: file-ops, cifs-logon-logoff
                          Log Format: evtx
                 Log File Size Limit: 100MB
        Log Rotation Schedule: Month: -
  Log Rotation Schedule: Day of Week: -
          Log Rotation Schedule: Day: -
         Log Rotation Schedule: Hour: -
       Log Rotation Schedule: Minute: -
                  Rotation Schedules: -
            Log Files Rotation Limit: 10 

次の例では、SVM vs1で監査を無効にします。

cluster1::> vserver audit disable -vserver vs1

                             Vserver: vs1
                      Auditing state: false
                Log Destination Path: /audit_log
       Categories of Events to Audit: file-ops, cifs-logon-logoff
                          Log Format: evtx
                 Log File Size Limit: 100MB
        Log Rotation Schedule: Month: -
  Log Rotation Schedule: Day of Week: -
          Log Rotation Schedule: Day: -
         Log Rotation Schedule: Hour: -
       Log Rotation Schedule: Minute: -
                  Rotation Schedules: -
            Log Files Rotation Limit: 10