オンアクセス ポリシーの有効化

SVMのファイルをスキャンするには、そのSVMでオンアクセス ポリシーを有効にする必要があります。クラスタ内のすべてのSVM用のオンアクセス ポリシーを作成した場合は、各SVMでポリシーを個別に有効にする必要があります。SVMで一度に有効にできるオンアクセス ポリシーは1つだけです。

手順

  1. オンアクセス ポリシーを有効にします。 vserver vscan on-access-policy enable -vserver data_SVM -policy-name policy_name
    次のコマンドは、vs1 SVMPolicy1という名前のオンアクセス ポリシーを有効にします。
    cluster1::> vserver vscan on-access-policy enable -vserver vs1 -policy-name Policy1
  2. オンアクセス ポリシーが有効になっていることを確認します。 vserver vscan on-access-policy show -instance data_SVM -policy-name policy_name
    すべてのオプションの一覧については、コマンドのマニュアル ページを参照してください。

    次のコマンドは、Policy1オンアクセス ポリシーの詳細を表示します。

    cluster1::> vserver vscan on-access-policy show -instance vs1 -policy-name Policy1
    
                               Vserver: vs1
                                Policy: Policy1
                         Policy Status: on
                   Policy Config Owner: vserver
                  File-Access Protocol: CIFS
                               Filters: scan-ro-volume
                        Mandatory Scan: on
    Max File Size Allowed for Scanning: 3GB
                File Paths Not to Scan: \vol\a b\, \vol\a,b\
           File Extensions Not to Scan: mp3, txt
               File Extensions to Scan: mp*, tx*
          Scan Files with No Extension: false