SANパスのフェイルオーバー

リンク障害が発生すると、SANホストはALUA(非対称論理ユニット アクセス)とMPIO(マルチパスI/O)を使用してトラフィックを稼働しているLIFに再ルーティングします。SVMが提供するLUNへの使用可能なルートは、事前に定義されたパスで決まります。

SAN環境では、ホストがLUNのターゲットへの要求のイニシエータとなります。MPIOを使用すると、イニシエータからターゲットへの複数のパスを使用できます。ALUAはその中から最適パスと呼ばれる最短のパスを特定します。

通常は、LUNの所有者ノード上のLIFへの最適パスと、HAパートナー上のLIFへの最適化されていないパスを、それぞれ複数構成します。所有者ノードの1つのポートで障害が発生すると、稼働しているポートにトラフィックがルーティングされます。すべてのポートで障害が発生した場合は、最適化されていないパスを介してトラフィックがルーティングされます。
ヒント: ONTAP DSMテクノロジを使用して、LUNへの最適パスにトラフィックをどのように分散するかを決めるロード バランシング ポリシーを定義できます。

ONTAPの選択的LUNマップ(SLM)は、ホストからLUNへのパスの数をデフォルトで制限します。新しく作成したLUNには、LUNを所有するノードまたはHAパートナーへのパス経由でのみアクセスできます。LUNへのアクセスは、イニシエータのポートセットにLIFを設定することでも制限できます。



SAN環境でのボリュームの移動

ONTAPの選択的LUNマップ(SLM)は、SANホストからLUNへのパスの数をデフォルトで制限します。新しく作成したLUNには、LUNを所有するノードまたはHAパートナー(LUNのレポート ノード)へのパス経由でのみアクセスできます。

そのため、ボリュームを別のHAペアのノードに移動した場合、移動先のHAペアのレポート ノードをLUNマッピングに追加する必要があります。その後、MPIOに新しいパスを指定します。ボリュームの移動が完了したら、元のHAペアのレポート ノードはマッピングから削除できます。