Snapshotコピー

Snapshotコピーは、ボリュームのポイントインタイム イメージ(読み取り専用)です。イメージにはSnapshotコピーが最後に作成されたあとに発生したファイルへの変更だけが記録されるため、ストレージ スペースは最小限しか消費せず、パフォーマンスのオーバーヘッドもわずかです。

Snapshotコピーの効率性は、ONTAPの中核的なストレージ仮想化テクノロジであるWrite Anywhere File Layout(WAFL)によって実現します。WAFLは、データベースのように、メタデータを使用してディスク上の実際のデータ ブロックを参照します。ただし、データベースとは異なり、既存のブロックは上書きされません。更新されたデータは新しいブロックに書き込まれ、メタデータが変更されます。

ONTAPでは、Snapshotコピーの作成時にデータ ブロックをコピーする代わりにメタデータを参照することで、非常に効率的なSnapshotコピーを作成できます。他のシステムと違ってコピーするブロックを探すシーク時間もなければ、コピー自体を作成するコストもかかりません。

Snapshotコピーを使用して、個々のファイルまたはLUNをリカバリしたり、ボリュームの内容全体をリストアしたりできます。Snapshotコピーのポインタ情報をディスク上のデータと比較することで、ダウンタイムや多大なパフォーマンス コストなしで損失オブジェクトや破損オブジェクトが再構築されます。

Snapshotポリシーは、ボリュームのSnapshotコピーの作成方法を定義します。ポリシーは、Snapshotコピーを作成するタイミング、保持するコピーの数、Snapshotコピーの命名方法、およびSnapshotコピーにレプリケーション用のラベルを付ける方法を指定します。たとえば、毎日午前12時10分にSnapshotコピーを1つ作成し、直近の2つのコピーを保持して、dailyという名前(タイムスタンプを追加)を付け、レプリケーション用にdailyというラベルを付ける、などと指定できます。