サブネットの作成

ブロードキャスト ドメインの作成後、サブネットを作成してIPv4またはIPv6アドレスの特定のブロックを割り当てます。このサブネットは、あとでSVMのLIFを作成するときに使用します。IPアドレスとネットワーク マスクの値をLIFごとに指定しなくても、サブネット名を指定して簡単にLIFを作成できるようになります。

開始する前に

このタスクを実行するには、クラスタ管理者である必要があります。

手順

  1. サブネットを作成します。
    network subnet create -broadcast-domain ipspace1 -ipspace ipspace1 -subnet-name ipspace1 -subnet 10.0.0.0/24 -gateway 10.0.0.1 -ip-ranges "10.0.0.128-10.0.0.130,10.0.0.132"

    サブネット名には、192.0.2.0/24などのサブネットIPの値を使用することも、この例のようにipspace1などの文字列を使用することもできます。

  2. サブネットの設定が正しいことを確認します。

    この例では、ipspace1IPspace内のipspace1という名前のサブネットに関する情報が出力に表示されます。サブネットはipspace1という名前のブロードキャスト ドメインに属します。ipspace1IPspaceに作成したSVMのデータLIFに、このサブネット内のIPアドレスを割り当てることができます。

    network subnet show -ipspace ipspace1
    IPspace: ipspace1
    Subnet                 Broadcast               Avail/
    Name      Subnet       Domain    Gateway       Total   Ranges
    --------- ------------ --------- ----------- --------- ---------------
    ipspace1  10.0.0.0/24  ipspace1  10.0.0.1      4/4     10.0.0.128-10.0.0.130,
                                                           10.0.0.132