FabricPoolのスペース使用量の監視

FabricPoolの高パフォーマンス階層とクラウド階層に格納されているデータ量を把握しておく必要があります。この情報は、ボリュームの階層化ポリシーの変更、FabricPoolライセンスで許可された使用容量の追加、またはクラウド階層のストレージ スペースの拡張が必要かどうかを判断するのに役立ちます。

手順

  1. 次のいずれかのコマンドを使用して情報を表示し、FabricPool対応アグリゲートのスペース使用量を監視します。
    表示する項目 使用するコマンド
    アグリゲートのクラウド階層の使用済みサイズ storage aggregate showおよび-instanceパラメータ
    アグリゲート内のスペース使用量の詳細(オブジェクト ストアの参照先の容量を含む) storage aggregate show-spaceおよび-instanceパラメータ
    アグリゲートに接続されているオブジェクト ストアのスペース使用量(ライセンスで許可されたスペースの使用量を含む) storage aggregate object-store show-space
    アグリゲート内のボリュームおよびそのデータとメタデータの容量のリスト volume show-footprint
    CLIコマンドに加え、Active IQ Unified Manager(旧OnCommand Unified Manager)とFabricPool Advisor(ONTAP 9.4以降のクラスタでサポート)またはONTAP System Managerを使用してスペース使用量を監視することもできます。
    次の例は、FabricPoolのスペース使用量と関連情報の表示方法を示しています。
    cluster1::> storage aggregate show-space -instance
    
                                      Aggregate: MyFabricPool
                                             ...
                         Aggregate Display Name: MyFabricPool
                                             ...
    Object Store Referenced Capacity Percentage: -
                          Object Store Metadata: -
                  Object Store Metadata Percent: -
                        Total Unreclaimed Space: -
      Object Store Unreclaimed Space Percentage: -
                              Object Store Size: -
    
    
    cluster1::> storage aggregate show -instance
    
                               Aggregate: MyFabricPool
                               ...
                               Composite: true
                               Capacity Tier Used Size: 
                               ...
    
    cluster1::> volume show-footprint
    
    Vserver : vs1
    Volume : rootvol
    
    Feature                          Used       Used%
    -------------------------------- ---------- -----
    Volume Footprint                 KB          %
    Volume Guarantee                 MB          %
    Flexible Volume Metadata         KB          %
    Delayed Frees                    KB          %
    Total Footprint                  MB          %
    
    Vserver : vs1
    Volume : vol
    
    Feature                          Used       Used%
    -------------------------------- ---------- -----
    Volume Footprint                 KB          %
    Footprint in Performance Tier    KB          %
    Footprint in Amazon01            KB          %
    Flexible Volume Metadata         MB          %
    Delayed Frees                    KB          %
    Total Footprint                  MB          % 
    ...
    
  2. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    状況 操作
    ボリュームの階層化ポリシーを変更する ボリュームの階層化ポリシーや階層化の最小クーリング期間の変更によるストレージ階層化の管理の手順に従います。
    FabricPoolライセンスで許可された使用容量を増やす ネットアップまたはパートナーの営業担当者にお問い合わせください。

    ネットアップ サポート

    クラウド階層のストレージ スペースを拡張する クラウド階層として使用するオブジェクト ストアのプロバイダにお問い合わせください。