ルート / データ パーティショニングを使用しているノードでのアクティブ / パッシブ構成の設定

工場出荷前に、ルート / データ パーティショニングを使用するようにHAペアが構成されている場合は、アクティブ / アクティブ構成で使用するために、データ パーティションの所有権がペアの両方のノードに分割されます。アクティブ / パッシブ構成でHAペアを使用する場合は、データ アグリゲートを作成する前にパーティションの所有権を更新する必要があります。

開始する前に

タスク概要

このタスクは、2つのノード(ノードAとノードB)で実行されます。

コマンドはすべてクラスタシェルで入力します。

この手順は、パーティショニングされたディスクからデータ アグリゲートが作成されていないノード用です。

手順

  1. データ パーティションの現在の所有権を確認します。storage aggregate show-spare-disks
    1つのノードが半数のデータ パーティションを所有し、もう1つのノードが残り半数のデータ パーティションを所有していることがわかります。すべてのデータ パーティションがスペアである必要があります。
    cluster1::> storage aggregate show-spare-disks
    
    Original Owner: cluster1-01
     Pool0
      Partitioned Spares
                                                                Local    Local
                                                                 Data     Root Physical
     Disk                        Type     RPM Checksum         Usable   Usable     Size 
     --------------------------- ----- ------ -------------- -------- -------- -------- 
     1.0.0                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.1                       BSAS    7200 block           753.8GB  73.89GB  828.0GB 
     1.0.5                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.6                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.10                      BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.11                      BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
    
    Original Owner: cluster1-02
     Pool0
      Partitioned Spares
                                                                Local    Local
                                                                 Data     Root Physical
     Disk                        Type     RPM Checksum         Usable   Usable     Size 
     --------------------------- ----- ------ -------------- -------- -------- -------- 
     1.0.2                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.3                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB
     1.0.4                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB
     1.0.7                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.8                       BSAS    7200 block           753.8GB  73.89GB  828.0GB 
     1.0.9                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
    12 entries were displayed.
    
    
  2. advanced権限レベルに切り替えます。set advanced
  3. パッシブ ノードとして指定するノードが所有する各データ パーティションをアクティブ ノードに割り当てます。storage disk assign -force -data true -owner active_node_name -disk disk_name
    パーティションをディスク名の一部に含める必要はありません。
    再割り当てする必要のある各データ パーティションについて、次の例に示すようなコマンドを入力します。storage disk assign -force -data true -owner cluster1-01 -disk 1.0.3
  4. すべてのパーティションがアクティブ ノードに割り当てられていることを確認します。
    cluster1::*> storage aggregate show-spare-disks
    
    Original Owner: cluster1-01
     Pool0
      Partitioned Spares
                                                                Local    Local
                                                                 Data     Root Physical
     Disk                        Type     RPM Checksum         Usable   Usable     Size 
     --------------------------- ----- ------ -------------- -------- -------- -------- 
     1.0.0                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.1                       BSAS    7200 block           753.8GB  73.89GB  828.0GB 
     1.0.2                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.3                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.4                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.5                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.6                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.7                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.8                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB
     1.0.9                       BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB 
     1.0.10                      BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB
     1.0.11                      BSAS    7200 block           753.8GB       0B  828.0GB
    
    Original Owner: cluster1-02
     Pool0
      Partitioned Spares
                                                                Local    Local
                                                                 Data     Root Physical
     Disk                        Type     RPM Checksum         Usable   Usable     Size 
     --------------------------- ----- ------ -------------- -------- -------- -------- 
     1.0.8                       BSAS    7200 block                0B  73.89GB  828.0GB 
    13 entries were displayed.
    
    
    cluster1-02が引き続きスペア ルート パーティションを所有していることに注意してください。
  5. admin権限に戻ります。set admin
  6. データ アグリゲートを作成します。少なくとも1つのデータ パーティションをスペアとして残しておいてください。storage aggregate create new_aggr_name -diskcount number_of_partitions -node active_node_name
    データ アグリゲートが作成され、アクティブ ノードがそのアグリゲートを所有します。