クラウド階層としてのクラウド用Microsoft Azure Blob Storageのセットアップ

ONTAP 9.4以降を実行している場合は、クラウド用Azure Blob StorageをFabricPoolのクラウド階層としてセットアップできます。

タスク概要

FabricPoolでは、オンプレミスのAzureサービスであるAzure Stackは現在サポートされていません。

手順

  1. storage aggregate object-store config createコマンドで-provider-type Azure_Cloudパラメータを使用して、Azure Blob Storageの設定情報を指定します。
    • 指定された情報でONTAPがAzure Blob Storageにアクセスできない場合は、storage aggregate object-store config createコマンドが失敗します。
    • -azure-accountパラメータを使用して、Azure Blob Storageアカウントを指定します。
    • -azure-private-keyパラメータを使用して、Azure Blob Storageへの要求を認証するためのアクセス キーを指定します。
    • Azure Blob Storageのパスワードが変更された場合は、ONTAPに格納されている対応するパスワードをただちに更新する必要があります。

      これにより、ONTAPは引き続きAzure Blob Storage内のデータにアクセスできます。

    cluster1::> storage aggregate object-store config create
    -object-store-name MyAzure -provider-type Azure_Cloud 
    -server blob.core.windows.net -container-name myAzureContainer 
    -azure-account myAzureAcct -azure-private-key myAzureKey 
     
  2. storage aggregate object-store config showコマンドを使用して、Azure Blob Storageの設定情報を表示して確認します。
    FabricPoolに使用するAzure Blob Storageの設定情報は、storage aggregate object-store config modifyコマンドを使用して変更できます。