ストレージ プールを使用するFlash Poolアグリゲートに対するFlash Pool SSDパーティショニングの動作

複数のFlash Poolアグリゲートにキャッシュを提供する場合は、Flash Poolソリッド ステート ディスク(SSD)パーティショニングを使用します。Flash Pool SSDパーティショニングを使用すると、Flash Poolを使用するすべてのアグリゲートでSSDを共有できます。これにより、パリティのコストを複数のアグリゲートに分散させ、SSDキャッシュ割り当ての柔軟性を高めるとともに、SSDのパフォーマンスを最大限に高めることができます。

Flash Poolアグリゲートで使用されるSSDはストレージ プールに配置する必要があります。ストレージ プール内でルート / データ パーティショニング用にパーティショニングされたSSDは使用できません。ストレージ プールに配置したSSDは、スタンドアロンのディスクとして管理できなくなります。また、Flash Poolに関連付けられているアグリゲートを削除してストレージ プールを削除しないかぎり、SSDをストレージ プールから削除することもできません。

SSDストレージ プールは、同じ大きさの4つの割り当て単位に分割されます。ストレージ プールに追加されたSSDは4つのパーティションに分割され、1つのパーティションが4つの割り当て単位のそれぞれに割り当てられます。ストレージ プール内のSSDは、同じHAペアによって所有されている必要があります。デフォルトでは、HAペアの各ノードに2つの割り当て単位が割り当てられます。割り当て単位は、アグリゲートを所有するノードによって所有されている必要があります。いずれかのノード上のアグリゲートに追加のFlashキャッシュが必要な場合は、一方のノードの割り当て単位数を減らしてパートナー ノードの割り当て単位数を増やすようにデフォルトの割り当て単位数を変更できます。

ストレージ プールに使用できるスペアSSDは1本のみです。HAペアの両方のノードが所有するFlash Poolアグリゲートにストレージ プールが割り当て単位を提供する場合は、どちらのノードでもスペアSSDを所有できます。ただし、HAペアの一方のノードが所有するFlash Poolアグリゲートにのみストレージ プールが割り当て単位を提供する場合は、その同じノードがスペアSSDを所有する必要があります。

次の図は、Flash Pool SSDパーティショニングの例を示しています。SSDストレージ プールは、2つのFlash Poolアグリゲートにキャッシュを提供します。


この図には説明が付随しています。

ストレージ プールSP1は、5本のSSDと1本のホット スペアSSDで構成されます。ストレージ プールの割り当て単位2つがFlash Pool FP1に割り当てられ、2つがFlash Pool FP2に割り当てられます。FP1のキャッシュのRAIDタイプはRAID 4です。そのため、FP1に提供された割り当て単位には、そのパリティに指定されたパーティションが1つだけ含まれます。FP2のキャッシュのRAIDタイプはRAID-DPです。そのため、FP2に提供された割り当て単位には、パリティ パーティションとダブルパリティ パーティションが含まれます。

この例では、2つの割り当て単位が各Flash Poolアグリゲートに割り当てられます。ただし、1つのFlash Poolアグリゲートにより大きなキャッシュが必要な場合、そのFlash Poolアグリゲートに3つの割り当て単位を割り当て、他のアグリゲートには1つだけ割り当てることができます。