アグリゲートに配置するボリュームの確認

アグリゲートで処理(アグリゲートの再配置やオフライン化など)を実行する前に、アグリゲートに配置するFlexVolまたはInfinite Volumeコンスティチュエントを確認しなければならない場合があります。

タスク概要

Infinite VolumeコンスティチュエントはFlexVolと多少似た要素もありますが、通常それらを直接管理することはありません。Infinite Volumeとコンスティチュエントの詳細については、ONTAP Infinite Volumes Management Guideを参照してください。

手順

システムにInfinite Volumeがあるかどうかに応じて、適切なコマンドを入力します。
システムの状態 使用するコマンド
Infinite Volumeがない volume show -aggregate aggregate_name
Infinite Volumeがある volume show -is-constituent * -aggregate aggregate_name
指定されたアグリゲートに配置されているすべてのボリューム(Infinite Volumeがある場合はコンスティチュエント)が表示されます。