ダンプ バックアップを再開するタイミング

テープ書き込みエラー、停電、ユーザによる誤った操作、ストレージ システム内部の不整合など、内外のさまざまなエラーが原因で、ダンプ バックアップが完了しないことがあります。これらのいずれかの理由でバックアップに失敗した場合に、バックアップを再開することができます。

バックアップを中断して再開することで、ストレージ システムのトラフィックが大量になる期間を回避したり、ストレージ システムの他の限られたリソース(テープ ドライブなど)との競合を回避したりできます。より緊急性の高いリストア(またはバックアップ)で同じテープ ドライブが必要な場合、長いバックアップを中断してあとで再開できます。再開可能なバックアップはリブート後も維持されます。中止されたテープへのバックアップは、次の条件に該当する場合にのみ再開できます。

このようなダンプ処理が中止され、再開可能な状態の場合、関連するSnapshotコピーがロックされます。それらのSnapshotコピーは、バックアップ コンテキストが削除されるまで解放されません。バックアップ コンテキストのリストは、vserver services ndmp restartable backup showコマンドを使用して表示できます。

cluster::> vserver services ndmpd restartable-backup show
Vserver     Context Identifier                   Is Cleanup Pending?
----------- ------------------------------------ -------------------
vserver1 330e6739-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
vserver1 481025c1-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
vserver2 5cf10132-0179-11e6-a299-005056bb4bc9 false
3 entries were displayed.

cluster::> vserver services ndmpd restartable-backup show -vserver vserver1 -context-id 330e6739-0179-11e6-a299-005056bb4bc9

                       Vserver: vserver1
            Context Identifier: 330e6739-0179-11e6-a299-005056bb4bc9
                   Volume Name: /vserver1/vol1
           Is Cleanup Pending?: false
            Backup Engine Type: dump
Is Snapshot Copy Auto-created?: true
                     Dump Path: /vol/vol1
   Incremental Backup Level ID: 0
                     Dump Name: /vserver1/vol1
     Context Last Updated Time: 1460624875
               Has Offset Map?: true
                 Offset Verify: true
       Is Context Restartable?: true
              Is Context Busy?: false
                  Restart Pass: 4
              Status of Backup: 2
            Snapshot Copy Name: snapshot_for_backup.1
          State of the Context: 7

cluster::>"