ノードを対象としたNDMPモードとは

ノードを対象としたNDMPモードでは、テープ バックアップおよびリストア処理をノード レベルで実行できます。Data ONTAP 8.2で使用されるNDMPの動作モードは、8.2から8.3へのアップグレード後も維持されます。

ノードを対象としたNDMPモードでは、ボリュームを所有するノードでテープ バックアップおよびリストア処理を実行できます。これらの処理を実行するには、ボリュームまたはテープ デバイスを所有するノードでホストされているLIFでNDMP制御接続を確立する必要があります。

注: このモードは非推奨となっており、今後のメジャー リリースで削除される予定です。