テープ ライブラリの接続確認用コマンド

ストレージ システムとそのストレージ システムに接続されているテープ ライブラリの構成との間の接続パスに関する情報を表示できます。この情報を使用すると、テープ ライブラリの構成への接続パスを確認できます。また、接続パスに関連する問題のトラブルシューティングにも役立ちます。

テープ ライブラリに関する次の詳細情報を表示すると、新しいテープ ライブラリを追加または作成したあとや、テープ ライブラリへのシングルパス アクセスまたはマルチパス アクセスで障害が発生したパスをリストアしたあとに、テープ ライブラリの接続を確認できます。また、パス関連のエラーのトラブルシューティングを行う場合や、テープ ライブラリへのアクセスが失敗した場合にこの情報を使用することもできます。
状況 使用するコマンド
クラスタ内のテープ ライブラリに関する情報を表示する system node hardware tape library show
テープ ライブラリのパス情報を表示する storage tape library path show
各イニシエータ ポートのテープ ライブラリのパス情報を表示する storage tape library path show-by-initiator
ストレージのテープ ライブラリとクラスタ間の接続情報を表示する storage tape library config show
これらのコマンドの詳細については、マニュアル ページを参照してください。