未認定テープ ドライブの使用

未認定テープ ドライブで認定テープ ドライブをエミュレートできる場合は、ストレージ システムでその未認定テープ ドライブを使用できます。エミュレート後、未認定テープ ドライブは認定テープ ドライブとして扱われます。未認定テープ ドライブを使用するには、そのドライブで認定テープ ドライブのエミュレートが可能かどうかを最初に確認する必要があります。

タスク概要

未認定テープ ドライブはストレージ システムに接続されているドライブですが、ONTAPではサポートまたは認識されません。

手順

  1. storage tape show-supported-statusコマンドを使用して、ストレージ システムに接続されている未認定テープ ドライブを表示します。
    次のコマンドは、ストレージ システムに接続されているテープ ドライブおよび各テープ ドライブのサポートと認定のステータスを表示します。また、未認定テープ ドライブも表示されます。tape_drive_vendor_name は、ストレージ システムに接続されていますが、ONTAPでサポートされていない未認定テープ ドライブです。
    cluster1::> storage tape show-supported-status -node Node1
    
              Node: Node1
                                        Is
              Tape Drive                Supported  Support Status
              --------------------      ---------  --------------
              "tape_drive_vendor_name"  false      Nonqualified tape drive
              Hewlett-Packard C1533A    true       Qualified
              Hewlett-Packard C1553A    true       Qualified
              Hewlett-Packard Ultrium 1 true       Qualified
              Sony SDX-300C             true       Qualified
              Sony SDX-500C             true       Qualified
              StorageTek T9840C         true       Dynamically Qualified
              StorageTek T9840D         true       Dynamically Qualified
              Tandberg LTO-2 HH         true       Dynamically Qualified
    
  2. 認定テープ ドライブをエミュレートします。