FlexVolのテープ バックアップおよびリストアの実行

NDMP対応のバックアップ アプリケーションを使用して、テープ バックアップおよびリストア処理を実行できます。

タスク概要

テープ バックアップおよびリストア ワークフローでは、テープ バックアップおよびリストア処理の実行に関連するタスクの概要を示します。バックアップおよびリストア処理の実行の詳細については、バックアップ アプリケーションのマニュアルを参照してください。

手順

  1. NDMPでサポートされているテープ トポロジを選択してテープ ライブラリの構成を設定します。
  2. ストレージ システムでNDMPサービスを有効にします。
    NDMPサービスはノード レベルまたはStorage Virtual Machine(SVM)レベルで有効にすることができます。これは、テープ バックアップおよびリストア処理を実行するために選択するNDMPモードによって異なります。
  3. NDMPオプションを使用して、ストレージ システムでNDMPを管理します。
    NDMPオプションはノード レベルまたはSVMレベルで使用できます。これは、テープ バックアップおよびリストア処理を実行するために選択するNDMPモードによって異なります。

    NDMPオプションは、system services ndmp modify コマンドを使用してノード レベルで変更するか、vserver services ndmp modifyコマンドを使用してSVMレベルで変更できます。 これらのコマンドの詳細については、マニュアル ページを参照してください。

  4. NDMP対応のバックアップ アプリケーションを使用して、テープ バックアップまたはリストア処理を実行します。
    ONTAPでは、テープ バックアップおよびリストア用のダンプ エンジンとSMTapeエンジンの両方がサポートされます。

    バックアップ アプリケーション(Data Management Application[DMA;データ管理アプリケーション]とも呼ばれます)を使用してバックアップまたはリストア処理を実行する方法の詳細については、バックアップ アプリケーションのマニュアルを参照してください。