FlexVolのテープ バックアップ

ONTAPでは、Network Data Management Protocol(NDMP;ネットワーク データ管理プロトコル)を使用したテープ バックアップおよびリストアがサポートされます。NDMPを使用すると、ストレージ システム内のデータを直接テープにバックアップできるため、ネットワーク帯域幅を効率的に使用できます。ONTAPでは、テープ バックアップ用のダンプ エンジンとSMTapeエンジンの両方がサポートされます。

NDMP準拠のバックアップ アプリケーションを使用して、ダンプまたはSMTapeバックアップ / リストアを実行できます。NDMPバージョン4のみがサポートされます。

ダンプによるテープ バックアップ

ダンプとは、Snapshotコピーベースのバックアップで、ファイルシステムのデータをテープにバックアップします。ONTAPのダンプ エンジンは、ファイル、ディレクトリ、および該当するAccess Control List(ACL;アクセス制御リスト)情報をテープにバックアップします。バックアップ対象には、ボリューム全体、qtree全体、またはボリューム全体でもqtree全体でもないサブツリーを指定できます。ダンプでサポートされるのは、ベースライン バックアップ、差分バックアップ、および増分バックアップです。

SMTapeによるテープ バックアップ

SMTapeは、データのブロックをテープにバックアップする、ONTAPのSnapshotコピーベースのディザスタ リカバリ(災害復旧)ソリューションです。SMTapeを使用すると、テープへのボリュームのバックアップを実行できます。ただし、バックアップをqtreeレベルまたはサブツリー レベルで実行することはできません。SMTapeでサポートされるのは、ベースライン バックアップ、差分バックアップ、および増分バックアップです。